乱視用カラコンの処方箋の知識

乱視用カラコンの処方箋の知識

乱視用カラコンの処方箋の知識 乱視用カラコンは、インターネット通販など活用した場合特に処方箋などがなくても誰でも気軽に購入することができます。
実際に薬事法上、どのようなコンタクトレンズを購入する場合も購入時に何か書類を提出する法的な義務や決まりはありません。
そのため、それ自体特に問題ない行為です。
しかし、人の視力は複雑で、特に乱視の症状は個人差が大きい点には注意が必要です。
また、自分の目に合っていないコンタクトを使い続けてしまうと頭痛や眼精疲労、さらにレンズの種類によっては結膜炎や角膜炎などを引き起こしてしまう可能性さえあります。
注意しましょう。
なお、乱視用カラコンを作る際の処方箋には、コンタクトレンズのカーブの大きさを表す数値が「BC」というアルファベットともに表記されています。
加えて、乱視用の場合「POWER/PWR/P/D/SPH」という度数に加えて乱視度数を表す「CYL」や乱視の方向軸を示す乱視用レンズ選択時に必須の「AXIS」などが数値と共に表記されています。

乱視用カラコンなどコンタクトレンズの処方箋は必要か

乱視用カラコンなどコンタクトレンズの処方箋は必要か コンタクトレンズを作る際に処方箋は必須ではありません。
これはほかのコンタクトレンズ(例えば乱視用カラコン)などにも同様のことが言えます。
一方で医師による眼科検診で自分の眼球や目の状態にあった、レンズの形や大きさなどを正確に計測することは自分自身の目に適したものを利用できるためメリットが大きいのが特徴です。
最近では近視用や乱視用カラコンといった、見た目のオシャレと機能の両面を意識した商品が出ていますが購入の際には注意が必要です。
カラコンは色のあるコンタクトレンズで黒目に色を付けて印象を変える働きがありますが、見るための瞳孔のの大きさは人によって異なります。
例えば瞳孔が合わないものを利用してしまうと、視界が狭くなったり見た目がおかしくなったりするリスクが高まります。
まずは眼科で自分に合うコンタクトレンズを選んでもらい、その後の購入については処方箋無しで購入することをおススメします。
そして定期的に検診は受信するとより安全です。

新着情報

◎2021/2/12

勧め商品はどんなものがあるか
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

乱視用カラコンの処方箋の知識
の情報を更新しました。

◎2020/9/9

2weekタイプの特徴
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「カラコン 眼科」
に関連するツイート
Twitter