乱視用カラコンについての情報が満載です!

乱視用カラコンの1箱の値段と相場

乱視用カラコンの1箱の値段と相場 乱視用カラコンは、一般的なカラコンよりも値段の相場が高くなるのが一般的です。
乱視の度数は幅広く、製造するのにコストがかかってしまうからです。
一般的なカラコンが1箱10枚入りで1400円から1800円が相場であるのに対し、乱視用カラコンは1800円から2000円となります。
だからといって、乱視の人が値段の安い普通のカラコンを選ぶのは禁物です。
なぜなら、乱視があるのに視力の度数だけに合わせて選ぶと、視力矯正が行えないからです。
視力に合わないものを着けることによって、視力を低下させてしまう恐れもあります。
少し割高になっても、自分の乱視度数に合わせた乱視用カラコンを選ぶのが賢明です。
通常、眼科などで購入するよりも、オンラインで購入する方が安く買うことができます。
また、カラコン専門の通販サイトでは、数パックまとめ買いすると割引価格になるなど、色々なキャンペーンを行っていることもあるためチェックしてみると良いでしょう。

気になるコスパ?乱視用カラコンの1箱の枚数は?

気になるコスパ?乱視用カラコンの1箱の枚数は? 通常のコンタクトレンズは1dayなら1箱30枚ほどの約1ヵ月分。
2week以降は約3ヵ月分の枚数が主流です。
通常の乱視用のコンタクトレンズや乱視用ではないカラコンも基本的にはどのメーカーも同じ枚数となっております。
しかし、乱視用カラコンはどのメーカーでも1dayの1箱10枚が主流となっており通常のコンタクトレンズよりコスパが高くなってます。
また、通常の乱視用コンタクトに比べCYL、AXLの種類が少なく、特にAXLは通販では180°のみとなっているメーカーが多いので購入の際は注意が必要です。
これは、通常のPWRに加えて乱視の度数の強さCYL。
乱視軸と言われるAXLが加わるカラーコンタクトになるため、1枚あたりの単価が乱視用カラコンはより高くなるためと予想されます。
ですが、30枚入りで販売しているメーカーもあるので、価格も10枚入りより1枚あたりの価格がお得になっているパターンもありますので比較サイトなどを利用してみることをおススメします。

新着情報

◎2021/2/12

勧め商品はどんなものがあるか
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

乱視用カラコンの処方箋の知識
の情報を更新しました。

◎2020/9/9

2weekタイプの特徴
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「カラコン 値段」
に関連するツイート
Twitter